記事の詳細

ここにきて、ダムが人気です。雨が降らずに水がめがピンチになったから、神頼みではなくダム頼みで人気になったというわけではありません。6月11日(土曜日)付け日本経済新聞「NIKKEIプラス1」の「何でもランキング」でも「夏に行きたい観光ダム、ベスト10」などが発表されたりしています。ダムの風景が旅行者にとっても人気の的になっているところです。スタンプラリーではありませんが、それぞれのダムが発行するダムカードを集めて楽しむ人たちも多くいます。

埼玉県内のダムもなかなかのものであります。浦山ダムは秩父市街からそれほど遠くない場所にありますが、高さ156メートルで重力式コンクリートダムとしては国内2番目の高さを誇っています。また、合角(かっかく)ダムは「ごうかくダム」とも読めることから、ダムカードが大学などの合格祈願カードとして人気を集めています。滝沢ダムは自然豊かな秩父多摩甲斐国立公園内にあります。ダムとループ橋が奥秩父の雄大な景観と調和して、とても美しいと言われております。

水がめがピンチだということで急に人気になったのではなく、ダムの風景、ダムそのものが評価され、じわじわと人気になってきました。最近では健康づくりも兼ねた山登りやハイキングが盛んですけれども、ダム巡りもなかなか楽しいものだと思います。いかがでしょうか。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る