記事の詳細

鴻巣市は「花のまち」です。市内には、180軒を超える花卉(かき)生産農家が存在し、全国有数の生産地として知られているとともに、花の見どころが数多くあります。また、最近では花火にも力を入れています。

現在、花については「鴻巣オープンガーデン」が開催されています。このイベントでは市内各所約30か所もの個人宅のお庭が公開され、お邪魔することができます。
今が見頃のバラと小花たちのハーモニーや、家主がこだわった松の木の庭など、どれをとっても見応えのあるお庭ばかりだと伺っています。

また、同時期に「ポピーまつり」や「麦なでしこ・ポピーまつり」も催され、荒川の広大な河川敷一面に咲いた花々を楽しむことができます。中でもポピーまつり(馬室(まむろ)会場)のポピー畑は、日本一の広さ(約12.5ヘクタール)を誇っており、圧巻の一言です。天気が良ければ、赤やオレンジ、紫の花々と澄み切った青空とのコントラストがきっと映えることと思います。

細やかな美しさを持つ個人宅から、日本一の壮大なポピー畑まで、正に「花のまち こうのす」の様々な魅力を堪能することができます。

さらに、少し先になりますが10月12日(土曜日)に開催される「こうのす花火大会」では、「日本一のラストスターマイン鳳凰乱舞(おおとりらんぶ)」の打ち上げが予定されており、夜空に大輪の「花」が咲き乱れます。

皆様も是非、鴻巣市に足を運んで「花」を楽しんでみてはいかがでしょうか。

【鴻巣オープンガーデン】
5月18日(土曜日)、19日(日曜日)
【ポピーまつり(馬室会場)】
5月18日(土曜日)から26日(日曜日)
【麦なでしこ・ポピーまつり(吹上会場)】
5月18日(土曜日)、19日(日曜日)

※詳しくは、下記サイトを御覧ください。
第9回こうのす花まつりホームページ(外部サイト)
第18回こうのす花火大会ホームページ(外部サイト)

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る