記事の詳細

 4月21日(木曜日)に「ラグビーワールドカップ2019協賛くじ」のアピールに、宝くじを扱っている(株)みずほ銀行と販売会社の(株)埼玉商事の幹部の方、宝くじ「幸運の女神」である、平手志歩(ひらて しほ)さんが県庁にお越しになりました。

この協賛くじの売り上げの一部は「ラグビーワールドカップ2019™」のために役立てられることになっております。大会会場の一つであります県営熊谷ラグビー場を有する埼玉県としても、この協賛くじの趣旨が広く知られ、多くの人に購入していただければありがたいと思っています。販売期間は4月20日(水曜日)から5月10日(火曜日)です。最寄りの宝くじ売場で購入できます。

また、協賛くじプレゼントキャンペーンも同時に行われています。売り場店頭で協賛くじを一度に2千円以上購入された方が対象です。専用応募はがきで応募すれば、(1)6月25日(土曜日)に行われる「リポビタンDチャレンジカップ2016」第2戦、日本代表対スコットランド代表戦のペアチケット、(2)ラグビー日本代表レプリカジャージー、(3)「ラグビーワールドカップ2019™」開催都市のご当地グルメのカタログが、抽選でいただけるそうです。専用応募はがきの配布期間は4月20日(水曜日)から5月10日(火曜日)、応募は5月16日(月曜日)までとなっています。2千円以上購入された方は忘れずに応募していただければと思っております。

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る