記事の詳細

長い梅雨が明けました。明けたら明けたで暑い夏がやってきました。暑い夏の盛りにも楽しいイベントが埼玉にはいくつもあります。いわゆる「夏祭り」です。

今週はいくつか夏祭りを紹介したいと思います。近いところでは、あさって8月2日(金曜日)から4日(日曜日)まで開催される朝霞市の「彩夏祭(さいかさい)」があります。これはよさこい祭りの関東版と言えば分りやすいのかもしれません。御当地、高知県には及ばないものの、文字どおり関東圏ではナンバー1ではないかと言われ、3日間で約70万人が訪れる朝霞の夏の風物詩です。朝霞市の人口が約14万人ですから大変な数です。
埼玉県内のみならず、他県からも多くの踊り手チームが参加します。今年は、都市間交流として本家・高知県の観光PRブースも設置されるとのことです。

彩夏祭では「ステージ踊り」と「流し踊り」の2種類のよさこいが行われます。流し踊りの見どころの一つに踊り手チームを先導する地方車(じかたしゃ)があります。彩夏祭では陸上自衛隊朝霞駐屯地の御協力で特殊車両が地方車を務めます。その迫力には沿道の皆さんもびっくりです。

祭りで一番うれしいのは、子供たちがたくさん参加することです。こんなに子供たちがいたのかと思うぐらいたくさんいて、街がにぎわいます。祭りを通して若い人たちの交流が深まるとともに、夏の良い思い出がつくれればと思います。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る