記事の詳細

「たんぼラグビー in 富士見・南畑」というイベントが6月9日(日曜日)の午前10時から午後2時まで、富士見市にある難波田城(なんばたじょう)公園東門近くの水田で開催されます。
富士見市の魅力である美しい南畑(なんばた)地域の水田でラグビーを楽しむことで、市の魅力発信や愛着心の醸成、そしてラグビーワールドカップ2019™日本大会の開催に向けた気運醸成につなげるという期待が込められています。

「たんぼラグビー」は小学生以上の1チーム4人、1試合7分。タックルではなくタッチを基本としてボールを持って走り、トライを多く上げたチームがその試合の勝者となります。今回は、市内外から23チーム160人もの参加が予定されています。
また、小さい子供たちには安全に泥んこ遊びができるスペース「どろんこ広場」も確保されています。

なるほど、こんなイベントがあったんだということを改めて知りました。元気な子供たちと一緒に田んぼの中で思いっきり体を動かすことは、ファミリーにとって、とても楽しいことではないかと思います。
ラグビーワールドカップ2019日本大会の気運醸成にも一役買っていただいて大変ありがたく思います。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る