記事の詳細

以前にも紹介しました人気落語家の林家 たい平(はやしや たいへい)師匠に命名していただいた、埼玉県育成のいちごの姉妹品種「かおりん」「あまりん」が好調です。

1月31日(木曜日)には秩父のいちご組合の皆さんが、今年も良い出来栄えなのでぜひ味わってもらいたいと、岩﨑 宏(いわさき ひろし)県議会議員とともに県庁にお越しになりました。

「かおりん」は芳醇な香り、強い甘みに酸味がアクセントとなり張りのある食感で濃厚な味です。「あまりん」は際立つ甘さとほのかな酸味が絶妙なバランスで、ジューシーで爽やかな味わいです。
いちご農家は、粒も大きくおいしさが際立つ「かおりん」「あまりん」へと生産を大きくシフトしています。私も味見をしましたが、大変おいしく、大人気なのもうなずけます。

埼玉の農産物が市場で高い評価を受けていることにうれしくなりました。林家 たい平師匠が名付けた「かおりん」「あまりん」を、皆さんにも是非食べていただきたいと思います。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る