記事の詳細

川越に新しい観光名所、「小江戸蔵里昭和蔵(こえどくらりしょうわぐら)」が誕生です。「小江戸蔵里」としておなじみの川越市産業観光館に、地酒を楽しめるスポットが3月10日(土曜日)オープンしたものです。

蔵里の昭和蔵を、「地酒」をテーマとした体験型飲食・物販施設及び酒造産業のPR拠点としてリニューアルしました。地酒を生かしたイベントなどを実施して、新しいにぎわいを創ろうという試みです。
コイン式試飲機及び試飲カウンターで県内全35蔵の地酒が試飲できます。また地酒や酒器類、酒に合うつまみ、みそ・しょうゆなどの発酵食品も販売しています。

場所は西武新宿線本川越駅と大正浪漫通りの中間地点で、駅からも近くアクセスの良いところです。

埼玉県は清酒の出荷量が全国4位であることを、県民の皆さんをはじめ、県外あるいは海外の皆さんにも改めて知っていただく良い機会になると思います。
酒蔵は元々こんな場所だったのか、ということがしのばれる非常にクラシックな良い雰囲気のスポットになっています。
皆さんも是非、足を運んでみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る