記事の詳細

昨日のブログで米朝会談について私の感想を述べたところですが、改めてアメリカのトランプ大統領の「アメリカ・ファースト」という基本姿勢を思い出しました。

トランプ大統領は、「シンゾウの度重なる要請もあったので、拉致問題をテーブルに載せた」ということを安倍総理に伝えたようです。金正恩朝鮮労働党委員長の反応は不明ですが、いずれにしても、これからの日本と北朝鮮の直接交渉が重要となってくるでしょう。

さらに、北朝鮮の「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化」についてもこれからだという話になっています。北朝鮮の核に対し、アメリカと日本ではおかれた状況が異なります。ここで心配となるのが、アメリカは、アメリカ本土まで届く核を搭載した大陸間弾道ミサイルさえ破棄すれば、米国内の安全保障は確保されます。今後の米朝協議の進展の中で、場合によっては中距離弾道ミサイルなどは許容されるということになるかもしれません。もしも、日本まで届く中距離弾道ミサイルが容認されることになれば、これは北朝鮮にとってはハッピーでも、日本にとっては大問題ということになります。

おまけに、どうも北朝鮮の経済開発について、アメリカは日本や韓国のお金を期待しているという話です。お金を差し出して脅威だけはそのままという、こんな矛盾を日本が抱える必要性がどこにあるでしょう。
韓国と北朝鮮は仲良くやりましょうということかもしれませんが、日本とはそういう関係にはなかなかなりにくいと思います。日本が、キャッシュカードを北朝鮮に渡して中距離弾道ミサイルの脅威に常にさらされるという事態にならないようにするため何を成すべきか。日本政府は、独自の拉致問題解決と安全保障の取組を一つ一つ積み上げる必要があるのではないかと思います。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る