記事の詳細

6月12日(火曜日)にシンガポールで、アメリカのトランプ大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長による史上初の首脳会談が行われました。「世紀の会談」ともいわれた二人の会談は、当日のテレビを独占していました。トランプ大統領はメディアを意識する方と聞きますので、会談のスタート時間もアメリカのゴールデンタイムに合わせていたようです。

安倍総理は、同盟国たるアメリカの大統領の様々な努力に難癖をつけるような立場ではないがゆえに、会談の成果には一定の評価をされていました。
しかし、この会談の一番の目的は、北朝鮮の「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化」であったわけで、そういう意味で具体的な中身がなかったことは事実です。どこかの新聞に書かれていたように、完全な肩透かしを食ったというのが私の印象です。
拉致問題に関してもトランプ大統領は会談で言及されたということですが、肝心の北朝鮮の国営放送では一切触れられていないという話ですので、ここでもすれ違いがあるように感じます。
北朝鮮にはこれまで何度もだまされてきた歴史がありますので、容易には信用できません。

トランプ大統領は会談後の記者会見で、正に「プロセスはこれからだ」というような事を言っておられました。今後は最終的に責任を取る人がいないという事務方同士の協議となりますので、延々と交渉が続くような気もします。
ただし、拉致問題が交渉のテーブルに載ったことだけは間違いないわけです。日本としては、当面、安倍総理の強いリーダーシップの下、日朝首脳会談の実現など拉致問題の解決に向けてしっかりと深掘りをしていただきたいと思います。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る