記事の詳細

ラグビーワールドカップ2019™に向けて、大会を全県で盛り上げていくため、県内のご当地キャラ有志によるラグビー応援軍団「ゆる玉フィフティ~ン」を結成します。

結成式は4月26日(木曜日)に知事公館で行います。参加するのは県のマスコットであるコバトンとさいたまっちに県内17市町のキャラクターを加えた19体。キャラクターにはそれぞれの特徴に合わせてラグビーのポジションを指定しています。

ヘッドコーチはフィフティ~ンをまとめるコバトン。スクラムの中心となるフッカーはフッカーだけに深谷市のふっかちゃん。さすがですね。
フォワードとバックスのつなぎ役であるスクラムハーフは開催地熊谷のニャオざね。これも適役でしょう。それぞれ、各地区のキャラクターがふさわしいポジションを得て活躍することになります。
自分の体を一人で動かせないキャラクターもいるので、どんなプレーができるのか疑問に思う方がいるかもしれません。でもそんなことは気にしない。これから県内各地で開催されるイベントに日本代表の紅白のジャージを着用して登場し、大会開催をPRしていきます。

地域のイベントなどでゆる玉フィフティ~ンの皆さんが登場した時には是非、「そうか、いよいよラグビーワールドカップ2019™が始まるな。」と思っていただきたいと思います。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

ページ上部へ戻る