記事の詳細

福島県を応援し続けましょう

東日本大震災の発生から3年が経過しました。今もなお、全国各地で多くの方々が厳しい避難生活を強いられています。震災の記憶を風化させてはなりません。

一方で原子力発電所の事故に伴う災害は収束していません。依然として福島県の農産物や観光への風評被害はなくなっておらず、農業生産額、観光客数は震災前の水準に戻っていません。

震災の記憶を風化させず、風評被害を払しょくするためには、現地に行くことが一番です。

福島県に来て、県産品を手に取り、現状を見てほしい。それが福島県の想いです。

ぜひ福島県を訪れて、福島県の現在を知ってください。それが新たな支援になります。

埼玉県知事 上田清司

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る