記事の詳細

熊本地震の被災地を支援するため、6月28日(火曜日)、29日(水曜日)、30日(木曜日)の3日間、県庁第2庁舎の食堂で「熊本応援フェア」として熊本県産の食材を使った特別メニューを提供しています。

第一弾(28日)は高菜とんこつラーメン。第二弾(29日)はブランド豚「りんどうポーク」のステーキ。そして第三弾(30日)はブランド鶏「大阿蘇どり」を使ったカツレツが提供されます。熊本県からの食材の仕入れは困難であり、限定120食といささか販売量は少ないかもしれませんが、大変おいしくいただけるはずです。埼玉県は福島県などの被災県についても同じようにその県で生産された食材を使った応援フェアを行っています。少しでも熊本県の皆さんの力になれればということで、このたびは熊本県産の食材を活用した応援体制を取っております。

応援の仕方も義援金による応援をはじめ、こうした食材の活用、あるいはボランティアで現地に行くなど様々な方法があります。一人一人ができることをできる範囲で応援することが被災地の復興、復旧につながるものだと思っております。そして、そのことが正に日本人はお互いに連帯していることを確認できる機会にもなると思います。

県庁の食堂は県職員でなくても利用できます。せっかくの機会ですので、是非、御利用いただければと思います。もう少し早く御案内すべきだったのですが。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る