記事の詳細

早稲田大学本庄高等学院の女子生徒の研究チームは、蚕が食べる桑の葉の中に植物の宝石と言われる「プラントオパール」を確認し、その分布を調べた論文が国際的専門誌「Flora」に掲載されたそうです。この研究は、文部科学省からスーパーサイエンスハイスクールに指定された同学院の女子生徒たちが、2010年から卒業論文のテーマとして始めたものです。

オパールは宝石として装飾品に使われるケイ酸鉱物ですが、一部の植物では水と一緒に取り込んだ土中のケイ酸イオンを表皮細胞などに蓄積し、ガラス状細胞体を形成します。これが正に「植物の宝石」とも言われるプラントオパールです。

地元で盛んだった養蚕に使われていた「一ノ瀬クワ」を同校で継続して研究していたところ、2013年当時の女子生徒が光学顕微鏡で桑の葉の表面に丸くて透明な鉱物を発見したそうです。そこで、その鉱物を特定するため、スーパーサイエンスハイスクールの運営指導員を務める東京大学物性研究所の松田巌(まつだ いわお)准教授に詳しく調べてもらったところ、その鉱物がプラントオパールであることが判明したそうです。

リケジョの高校生が桑の葉に植物の宝石を見つけた話です。まさしく植物から鉱物が取れる話です。土中の鉱物を吸収した植物から鉱物を採取するという方法で、日本が大資源国になるということも、あながち夢物語というわけではないのかもしれません。

鉱物は非常に硬く、ケイ酸などごく一部の例外を除いて水に溶けることがないため、植物が根から吸収することはできないと一般的には考えられているようです。しかし、火山灰で覆われた土中には相当な鉱物が含まれていますので、痩せた火山灰地に育ち、食べ物にもならないような植物の茎や葉っぱに、すばらしい鉱物が吸収されている可能性も全くゼロとは言い切れないのではないでしょうか。さらに、最新のバイオ技術で非常に吸収力の強い植物の品種をつくることも考えられないでしょうか。

日本の国土に眠る無尽蔵な鉱物をバイオ技術が掘り起こしてくれる、何とも夢のような話ですが、私はそれがいつの日か可能になるのではないかと想像しています。しかも近い将来に。

関連記事

    • 真の共生社会の実現へ向けて
    • 2016年 5月 22日

    ※※回答及び公開切望
    埼玉県正規職員採用試験における障がい者雇用の合理的配慮を求めることに関する要望

    (要望事項)下記事項の実現へ向け,県及び関係機関へお取り計らい願います。
                 記
    1.埼玉県正規職員採用試験において,視聴覚の障がい者に対する実質的欠格事項を廃止すること。

    2.その他視聴覚に限らず遍く障がい者に対し,当該試験にあたり,所謂合理的配慮をすること。

    3.障がい者は,新規学卒時の就職の機会を奪われている者が多いので,年度途中の採用日にして時期外れの試験日程を編成し,既卒者を想定した年齢制限の撤廃又は大幅緩和をした障がい者枠での募集をすること。

    4.また,学科試験における補助具の使用及び試験時間の延長並びに人物試験における筆談及び手話通訳の許可などをすること。

    (要望理由)
    1.「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」が施行され,官公庁には合理的配慮等の義務が課せられました。

    2.地方公共団体一般行政職採用試験において障がい者枠が設置されて久しいものですが,予てより,大きな不満を当事者たちが抱いており,その主たるものは,地方公務員法第16条の欠格事項以外に各団体独自にして何れも共通した勝手な実質的欠格事項の追加です。

    3.受験資格の10.5ポイントの活字問題文による筆記試験及び口述による人物試験に対応できる者,であります。

    4.これは,明らかに視聴覚障がい者への合理的配慮を放棄した,間接的にして露骨な障がい者差別であり,著しい人権侵害であり,視聴覚に差し支え無き者への一部の奉仕であり,1.の法律施行を抜きにして全体の奉仕者たるに相応しくなき非行と規定されます。

    5.1.の法律に限らず,「障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律」,「障がい者制度改革推進本部等における検討を踏まえて障害保健福祉施策を見直すまでの間において障害者等の地域生活を支援するための関係法律の整備に関する法律」,「地域社会における共生の実現に向けて新たな障害保健福祉施策を講ずるための関係法律の整備に関する法律」及び「障害者虐待の防止,障害者の養護者に対する支援等に関する法律」と言う多くの素晴らしき法令が可決及び施行されておりますが,社会が追従し切れていないのが現状であり,しかしながら,当該法令を机上の空論と看做し,又は眼高手低若しくは志大才疏などと中傷してはなりません。

    6.可決及び施行にあたり,数多の行政職が見えない心の血を多く流し,苦しんだ結果の偉大なる成果物であり,これには相当な正義の意図が込められており,国民はこれを順守せねばなりません。

    7.やはり,地方公共団体一般行政職採用試験において,補助具の利用,試験時間延長,手話通訳要請等の合理的配慮を為し,視聴覚障がい者の実質的欠格事項を撤廃し,真摯に共生社会への第一歩を踏み出し,真のバリアフリーを目指さねばなりません。

    8.また,障がい者は,新規学卒時の就職の機会を奪われている者が多いので,年度途中の採用日にして時期外れの試験日程を編成し,既卒者を想定した年齢制限の撤廃又は大幅緩和をした障がい者枠での募集も必須と思料されます。

    (要望者)  住 所  埼玉県■■■■■■■■■■■■■■■■
           氏 名  ■■■■■■■■■   電話■■■■■■

    平成28年5月22日
       埼玉県知事  上田 清司 殿

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る