記事の詳細

昨日に引き続き、県営公園のご紹介です。「所沢航空記念公園」にある「所沢航空発祥記念館」もなかなかのものです。実は、明治44年に日本初の飛行場として所沢飛行場が開設され、同年4月5日にフランスの複葉機アンリ・ファルマン機がこの所沢の地で初めて飛行に成功しています。まさしく日本の航空発祥の地です。この記念館では飛行場と飛行機の歴史が紹介されていますし、フライトシミュレーターで飛行感覚を体験することもできます。そして毎年この時期にしかできないことがあります。5月8日(日曜日)の一日だけですが、所沢航空公園では独特の浮遊感と地上30メートル(ビル8階分)からの素晴らしい景色を見ることができる熱気球体験を楽しめます。ちょっと料金が高いのですが、めったにこうした経験はできません。中学生以上は2,000円、小学生は1,000円です。日本の航空発祥の地、埼玉県所沢で楽しい一日を満喫してください。
さいたま市と越谷市にまたがる「しらこばと公園」は夏のプールの時期だけだと思っていらっしゃる方が多いのではないでしょうか。違います。拡張された公園エリアに「コバトンアドベンチャー」が出現しています。いくつかのすべり台や吊り橋、丸太などでできており、100種類以上の遊び方ができる複合遊具は正に子供たちの天国です。特に、「コバトンが住むおうち」がコンセプトのツリーハウス「コバトンハウス」や全長40メートルの巨大なすべり台、ローラースライダーが人気です。さいたま市や越谷市の方々には身近な施設として有力でしょう。
東部地域の方々には、松伏町の「まつぶし緑の丘公園」もお勧めです。既に開設済みの野鳥の水辺や芝生広場に加えて、この度、里山ゾーンが完成し、4月1日からフルオープンしました。とにかく東部地域は真っ平らな地域でありますが、緑豊かな丘が出現しました。約20メートルの高さです。里山の頂上からはスカイツリーや富士山も一望できるという大変広大なエリアであります。

県営公園は全部で30か所あります。身近なところで楽しむことができる県営公園に是非、お立ち寄りください。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る