記事の詳細

オリンピック・パラリンピックの開催により、その効果を大会終了後も開催都市や開催国に残します。やがてレガシー(遺産)となった効果は長期にわたり社会に良い影響を与えます。これは国際オリンピック委員会(IOC)がオリンピック憲章に掲げる理念の一つです。

戦後復興から高度経済成長に至る一つのピークとして開催された1964年東京オリンピック。前回大会のレガシーと言えば、新幹線や首都高速道路、JリーグやV リーグの前身となる実業団の日本リーグなどが思い浮かびます。

解体された国立競技場も実は前回大会のレガシーの一つです。同競技場の聖火台は川口市の鋳物師(いもじ)・鈴木萬之助(すずき まんのすけ)さん、文吾(ぶんご)さん親子が鋳造したものです。高さと直径が約2.1メートル、重量は約2.6トンもあります。同競技場のシンボルともいえる聖火台は川口鋳物の名声と職人の誇りを示すシンボルでもあります。今も川口市民の大きな誇りになっています。

同競技場の解体に当たり、この聖火台が宮城県石巻市に貸し出され、その除幕式が6月27日、同市総合運動公園で行われました。陸上男子ハンマー投げの室伏広治(むろふし こうじ)選手の手で再び点火された聖火台に、東日本大震災からの復興のシンボルとしての役割が新たに加わりました。

5年後に迫ってきた2020年東京オリンピック・パラリンピックは、前回大会開催時とは異なり、我が国が超少子高齢社会を迎えた中での開催となります。このほかにも東日本大震災からの復興、環境・エネルギー問題への対応などに世界中の目が注がれる大会となることでしょう。埼玉県でもオリンピックでバスケットボール、サッカー、ゴルフ、射撃の4競技、パラリンピックで射撃の1競技の開催が予定されますが、これらの課題を解決し、レガシーとなる可能性を秘めた取組も一部で始まっています。

例えば、炎天下での開催が予想されることから、環境省は雨水や地下水を活用した暑さ対策の調査実証事業を、全国5か所で今年度からスタートさせています。そのうちの一つ、熊谷市役所前のバス停では、炎天下でひさしもない中でバスを待つ人が涼しく感じる仕掛けを検討しているそうです。

これから埼玉県も多くの県民、民間企業の皆さん、そして国とも協力しながら、埼玉レガシーの創出に知恵を絞っていかなければなりません。

関連記事

    • 残念
    • 2016年 10月 14日

    何故、東京五輪ボート開催を辞退されたんですか?
    全国のアスリートからラブコールを受けているんですよ!
    こんな名誉なことはないじゃありませんか!!

    アスリートファーストが東京五輪の本当に優先すべき事柄なら、知事もアスリートたちの心を受け止めて最後まで頑張るべきじゃありませんか?

    • 逆でしょう
    • 2016年 10月 15日

    私はボート会場受け入れ反対しております。昨日は辞退と聞き安心しておりましたが、本日の報道では歓迎と報じられ心底落胆しております。
    私は小池知事については言いたい事も多数ありますが基本的には他の自治体の話であり深く言及はしないようにしておりました。しかし、こと埼玉の話であれば話は変わってまいります。
    彼女のやっている事は改革ではなくただの破壊です。
    多くの人々の努力や思いを、自分を引き立たせるために平気で踏みにじっているのです。
    組織委のメンバーならこれまでの関係者のご尽力はご存知でしょう。
    コンパクトでおもてなしの心にあふれた五輪をというコンセプトを、彼女の一存でバラバラで来訪者や選手さえ負担を強いる、ケチな大会にさせないためにも、分かりやすいエサに飛びつくのではなく都自身に解決させるべきです。また少なくとも言っていない事を言ったと言い、熱意がないとまで言われ、これだけの不義理を働いた訳ですから、そこにむしろ埼玉県民の1人として抗議していただきたいし、埼玉県は皆で決めた事を着実に実行する県政であって欲しいと考えております。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る