記事の詳細

 株式会社ベネッセコーポレーションの妊娠・出産・育児ブランド「たまひよ」は、毎年赤ちゃんの名前に関する調査を行い、ランキングを発表しています。昨年の11月30日(月曜日)、2015年1月から10月までに生まれた19,761人の赤ちゃんを対象に行った調査結果が発表されました。

 男の子の名前の1位は「悠真(ゆうま)」、前回も1位でした。2位は「湊(みなと)」、前回は8位。女の子の名前1位は「葵(あおい)」、前回は4位。2位は「結菜(ゆいな)」、前回は3位。使われた漢字では、男の子は「太」「翔」「大」が7年連続トップ3。女の子は「愛」が6年連続1位。名前の読みに関しては、男の子は「はると」が7年連続トップ。女の子は「めい」が初のトップという結果でした。

 また、明治安田生命も8,400人の赤ちゃんを対象に同様の調査を行っています。昨年12月3日(木曜日)に発表したランキングでは、男の子の1位は「大翔(ひろと)」、2位が「悠真(ゆうま)」。女の子の1位は「葵(あおい)」、2位は「陽菜(ひな)」だったそうです。

 「たまひよ」は同ブランドの直販利用者を調査対象とし、明治安田生命は同社の保険加入者を対象としていることからランキングに若干の違いが出ているようです。

 いよいよオリンピックも近付いてきますので、これからは日本という国をより意識した「大和(やまと)」とか「凛(りん)」とか「さくら」とか、そういう名前がランキングの上位に入ってくるような気がします。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る