記事の詳細

 10月13日(火曜日)、羽生市の河田晃明(かわた こうめい)市長をはじめ羽生市の皆さんが県庁にお越しになり、「世界キャラクターさみっとin羽生2015」の宣伝大使の大役を仰せつかりました。御案内のとおり、ご当地キャラが大きなブームになっていますが、羽生市では2010年(平成22年)から「ゆるキャラさみっと」が開催されており、2011年(平成23年)から2013年(平成25年)までは「ゆるキャラグランプリ」の結果がこのイベントで発表されていました。2013年の「ゆるキャラさみっと」には376体ものご当地キャラが一堂に会し、「マスコットの最多集合」としてギネス世界記録に認定されたところです。

 そこで、2014年(平成26年)からは更なる展開として世界に門戸を開き、その名も「世界キャラクターさみっとin羽生」と世界的に改めました。今年もハワイやサイパン、遠くはエクアドルからも参加する予定になっているそうです。今年は浜松市で行われる「ゆるキャラグランプリ」と同じ期日での開催となりましたが、最終的には400体ぐらいのご当地キャラが集まるようです。当日は羽生水郷公園がほとんど埋まってしまうほどの大変なにぎわいになること間違いなしです。2日間で約30万人の来場が見込まれる羽生での「世界キャラクターさみっと」は、世界最大規模のご当地キャライベントと言えるのではないでしょうか。

 開催期間は平成27年11月21日(土曜日)と22日(日曜日)です。開催時間は9時から15時30分。会場は羽生水郷公園です。こちらには県立さいたま水族館もありますので、ご当地キャラに併せて水族館も楽しむことができます。また全国のご当地グルメの大会も開催しておりますので、いろいろな楽しみ方ができると思っております。お時間がある方は是非お越しください。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る