記事の詳細

去る10月7日(水曜日)、県内40体のゆるキャラが知事公館に集合しました。深谷市の小島進(こじま すすむ)市長さん、本庄市の吉田信解(よしだ しんげ)市長さん、滑川町の吉田昇(よしだ のぼる)町長さん、越谷市の高橋努(たかはし つとむ)市長さん、和光市の松本武洋(まつもと たけひろ)市長さん、八潮市の大山忍(おおやま しのぶ)市長さん、東秩父村の足立理助(あだち りすけ)村長さんをはじめ、市町長代理の方々がゆるキャラと共にお越しになりました。

今回の訪問の目的は、ゆるキャラを通じた明るいまちづくりの成果報告と、これからもゆるキャラを通じて子供の笑顔、そしてまた子供の笑顔から親の笑顔、親の笑顔から子供の笑顔という、笑顔の循環ができるような、そういうまちづくりを進めていこうという思いを込めた大集合でありました。

埼玉県には「ゆる玉応援団」というものがありまして、そこにはゆるキャラが111体も所属しています。この応援団長が埼玉県のゆるキャラであるコバトンです。また、県ではコバトンに次ぐ新たなゆるキャラのさいたまっちもできました。

ところで、今年も全国ゆるキャラNo.1を決定する「ゆるキャラグランプリ2015」が開催されています。投票期間は8月17日から11月16日までで、そこで上位の票を得た候補から最終的なNo.1を決める決選投票と表彰式が浜松市で11月21日から23日までに行われます。この大会にエントリーしているゆるキャラは1,727体。埼玉県からは92体、海外から11体、企業等から635体と、すごい参加数のゆるキャラグランプリです。その中でも埼玉県のゆるキャラたちは善戦しております。

現時点で第3位に深谷市の「ふっかちゃん」、8位に本庄市の「はにぽん」の二つが上位にいます。実は、昨年のグランプリでは群馬県の「ぐんまちゃん」が1位で、2位が「ふっかちゃん」でした。ところが現在、「ふっかちゃん」は3位にとどまっております。コバトンが参加している埼玉県としては、あまりここを応援しろとは言えないところではありますが、コバトンは埼玉県全体の応援団長でもありますので、特に応援しているゆるキャラがなければ、昨年2位だった「ふっかちゃん」を今年は是非1位に押し上げてあげたいと思っています。是非、「ふっかちゃん」にも温かい御支援をお願いいたします。もちろん各市町村のゆるキャラを粗末にするわけではありません。その点は親心だと思って御理解ください。

(参考)
「ゆるキャラグランプリオフィシャルサイト グランプリ投票方法」
上記サイトにアクセスし、指定されたアドレスに空メールを送信すると、IDが登録できます。発行されたIDでログインすると、1日1回投票できます。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る