記事の詳細

「#(シャープ)8000」と「#(シャープ)7000」という仕組みがあるのを、御存じでしょうか。#8000は小児救急電話相談につながる電話番号です。つまり、電話番号の#を押して、次に8000番を押せば、埼玉県の場合、048-833-7911につながります(ダイヤル回線、IP電話、ひかり電話等の方は直接048-833-7911にお掛けください。)。これにより休日、夜間における子供の急な病気やケガに関する相談を受けることができ、保護者の不安を解消することができる仕組みです。相談時間は、平日・土曜日は19時から翌朝7時まで。日曜と祝日は朝7時から24時間体制で、翌朝の7時までです。

#8000では現職のベテラン看護師が相談の窓口になっており、例えば、発熱だとか、下痢をしたとか、あるいはちょっとした打撲があったとか、子供の症状に応じて看護師がアドバイスをしてくれます。病院に行くべきなのか、あるいはしばらく様子を見る程度でいいのか、判断がしかねるような時に相談してください。さほど大したことのない症状の方が、救急病院の夜間外来を利用していたら、本当に救急医療が必要な人の治療ができないという問題もあります。こうしたベテランの看護師が電話で相談を受け、きちっとアドバイスをしてくれることで、お父さん、お母さんたちの心配を減らすことができますし、救急病院の負担も減らすことにもなるわけです。

#8000は平成19年6月からスタートしました。当初の相談件数は12,429件だったのですが、徐々に利用が多くなって、平成26年度では53,328件まで相談実績が増えてきました。

そして実は、これほど相談のニーズがあるならば、同じような仕組みが大人にも必要ではないかということで、大人の救急相談として#7000が昨年からスタートしました。

大人もやっぱり気になることが起こったら、いきなり救急車を呼ぶのではなくて、まずは看護師と相談することが望ましいという話になります。相談時間は、現在のところは18時30分から22時30分まで(毎日)です。昨年の10月1日からスタートをしまして、今後の運用拡大については様子をみながら判断します。電話番号はプッシュ回線、携帯電話等を利用する場合は#7000で、ダイヤル回線、IP電話等を利用する場合は048-824-4199になります。

詳しくはこちらを御確認ください。

#8000(小児救急電話相談)紹介ページ
電話番号
#8000(プッシュ回線、携帯電話)
048-833-7911(新座市(電話番号が「042」で始まる地域)、旧北川辺町、神川町渡瀬、旧神泉村の地域の方やダイヤル回線、IP電話、ひかり電話、PHSの方)

#7000(大人の救急電話相談)紹介ページ
電話番号
#7000(プッシュ回線、携帯電話、ひかり電話の方)
048-824-4199(ダイヤル回線、IP電話、PHSの方)

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る