記事の詳細

埼玉大学の学生が政策提言を行う「知事との意見交換会」を毎年行っております。今年度は平成29年11月8日(水曜日)に行いました。この中で「インスタグラム×若者×県産農産物」という提言がなされました。

無料の写真共有アプリケーションソフト「インスタグラム」に埼玉県産農産物の写真などを投稿する県公式アカウント「埼玉わっしょい(saitama_wassyoi)」を作り、埼玉大学の学生が投稿して、その魅力をアピールするという仕組みです。

12月21日(木曜日)、この運用を行う大学生5人を「埼玉わっしょい大使」に任命いたしました。政策提言から1か月半で即実行というスピード感です。特に今回はアカウントの運用を若い人に任せるという提案を採用したところです。

元々、学生の皆さんは埼玉県の農産物に関して深い知識があったわけではありません。これを機会に、「埼玉わっしょい大使」の皆さんから埼玉県のみならず、世界中の若い人たちに向けて、改めて埼玉県産農産物のすばらしさ、またそのおいしさについて、しっかりとアピールしていただければと思います。

県公式インスタグラム「埼玉わっしょい」(外部リンク)

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る