記事の詳細

女性に対するあらゆる暴力の根絶を広く呼び掛けるとともに、被害者に対して、「ひとりで悩まず、まずは相談してください」というメッセージを込め、内閣府の呼び掛けで「パープル・ライトアップ」を行います。
この趣旨に賛同する全国各地の施設が11月12日(日曜日)から11月25日(土曜日)の「女性に対する暴力をなくす運動」期間中に建物を紫色にライトアップします。

埼玉県内では、埼玉会館、忍(おし)城、大宮ソニックシティビル、狭山市市民交流センター前エスカレーター屋根、埼玉県男女共同参画推進センター、県立小児医療センター(カリヨンの鐘)で実施します。
実施期間は、埼玉会館、忍城は11月12日(日曜日)から25日(土曜日)まで、大宮ソニックシティビルと小児医療センターは11月12日(日曜日)のみ、埼玉県男女共同参画推進センターは11月17日(金曜日)から25日(土曜日)まで、狭山市市民交流センター前エスカレーター屋根は11月1日(水曜日)から30日(木曜日)までとなります。

パープル色のライトアップは女性に対するあらゆる暴力の根絶へのメッセージです。もし、御存じでない方がいたらこういう意味であることを是非お伝えいただき、女性に対するあらゆる暴力の根絶に御協力をお願いしたいと思います。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る