記事の詳細

衆議院議員選挙に向けて、各候補者が街頭演説などで主張を繰り広げています。その主張の1つが「教育無償化」です。幼児教育のほか、高校や大学の無償化などが叫ばれています。そこで、今日は埼玉県の高校授業料の実質無償化の状況について、改めてお知らせいたします。

本県では県内の私立高校に通う県民の皆さんを応援するため、次のような支援を行っています。
基本となる授業料の補助としては、年収約910万円未満の世帯に対し、収入に応じた補助を行っています。
特に、年収約609万円未満の世帯に対しては、国の就学支援金に加えて県独自の上乗せ補助を行っております。上限はありますが授業料に相当する金額を補助し、授業料を実質無償化しています。入学金についても10万円の補助を行い、一層手厚いものとしています。
これにより、県内の私立高校に通う生徒約3人に1人の授業料を実質無償化しています。

さらに、年収約500万円未満の世帯に対しては、授業料以外の施設費等納付金についても年間20万円を上限に補助しています。入学金や授業料と合計すると補助の上限は67万5千円となり、日本一の額となります。

こうした本県の高校授業料などに対する補助は全国でもトップクラスのもので、特に、入学金に対する補助は東京都や大阪府にないものです。

また、高校授業料の実質無償化に加えて、本県では日本一の充実した奨学金制度も実施しています。入学一時金の貸与上限額は全国一、月額奨学金の貸与上限額は全国第2位です。奨学金を受けるにあたって連帯保証人を不要としているのは本県のみで、利用しやすくしています。その結果、奨学金の貸与者数、貸与総額はいずれも全国第3位となっています。

あらゆる人がチャンスを平等に得られる社会を作りたいという考えから、これらの制度を実施しています。こうして育った若者が自分の能力と可能性を開花させて社会で活躍してくれればうれしいですね。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る