記事の詳細

ロンドンで行われている第16回世界陸上競技選手権大会の男子マラソンで、我らが川内 優輝(かわうち ゆうき)選手は、惜しくも入賞へあと3秒及ばず9位という結果でした。しかし、後半の追い上げはすばらしく、2時間12分19秒で日本勢として最高位でした。他の日本勢は、中本 健太郎(なかもと けんたろう)さんが10位、井上 大仁(いのうえ ひろと)さんが26位という結果でした。

相変わらず人気抜群の川内選手には、本当に持ち味の粘りを発揮していただきました。不運にも転んだり、給水に失敗したり、アクシデントがあってもこの成績でしたので「もし何もなかったなら」というような残念な思いも私にはあります。

大変暑い時期にすばらしい走りをしていただきました。是非、次なる機会には更に上を行く成果を期待したい、このように思っています。

頑張れ、川内優輝さん。

さて、私は8月9日(水曜日)と10日(木曜日)は夏休みをいただきます。したがって、8月10日のブログはお休みとさせていただきます。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る