記事の詳細

昨日、御紹介した福島県の「ウォークビズ」についての続きです。
スポーツ庁の調査(スポーツの実施状況等に関する世論調査、平成28年11月調査)によれば、普段運動不足を感じている人は67.0%に上ります。また、ウォーキングを含む運動やスポーツについて、週1日以上実施したと回答した人は42.7%であり、年代別では20~40代が低く、60代で54.3%、70代で65.7%と年代が上がるほど高い傾向にあります。

運動不足を解消し、楽しく歩いて健康になろうという考え方は埼玉県も同じです。県民の皆様に楽しく健康づくりを進めていただくため「埼玉県コバトン健康マイレージ」を今年度から開始しています。県がシステムを構築し、そのシステムを健康事業に取り組む市町村、健康経営に取り組む事業者、全国健康保険協会埼玉支部(協会けんぽ)などが利用することで、県民の皆様の健康づくりの一層の拡大を目指しています。
ウォーキングなどでポイントを貯め、抽選で賞品が当たる仕組みは大変好評です。現在25市町村、4事業者、4保険者の計33団体、約13,000人の方が参加しています。まだ参加されていない方は是非参加していただきたいものです。

なお、埼玉県コバトン健康マイレージでは「1日1万歩」歩くことを推奨しています。しかし、歩き過ぎは体に良くない場合があるほか、気温が上昇する夏場は熱中症に注意が必要な時期でもあります。御自身の体調や体力と相談し、無理せず健康づくりを進めて欲しいですね。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る