記事の詳細

埼玉県が日本の資本市場のメディアを代表する2社からダブルで表彰されることが決まりました。

1つ目は、トムソン・ロイター・マーケッツ株式会社による「ディールウォッチ・アウォーズ2016」の地方債部門での「イシュアー・オブ・ザ・イヤー」の受賞です。

もう1つは、株式会社キャピタル・アイによる「キャピタル・アイ・アウォーズ2016」の地方債等部門での「ベスト・イシュアー・オブ2016」の受賞です。

いずれの賞も、債券・株式発行市場において、市場の発展に貢献した優良案件・発行体を表彰するものです。

本県が昨年度、満期一括償還の公募一般債で全国初の25年債を発行し、年限の多様化を通じて市場の拡大に貢献したことなどが受賞理由です。

起債運営の評価に加え、埼玉県の充実した交通インフラや大規模工場とそれを支える中小企業の立地など、埼玉県が持つポテンシャルの高さを市場から認めていただけたものと思います。

これからも市場や投資家の皆様の声を大切にしながら、県民サービスの向上と県内経済の活性化、財政健全化に配慮したバランスある県政運営を進めます。思わぬところから評価されるのも悪くないですね。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る