記事の詳細

いよいよ桜の開花の時期になってきました。埼玉県のすばらしい桜の見どころをはじめ、春の訪れを告げる県内各地の様々な花の名所を御紹介します。

幸手市権現堂堤の菜の花とソメイヨシノの見事なコントラストは全国的に有名です。3月下旬から4月上旬にかけて、1,000本のソメイヨシノと約5ヘクタールの菜の花畑がすばらしいコントラストを見せています。駐車場は約1,000台分が用意されており、東武日光線の幸手駅からは徒歩で約30分です。少し遠いかもしれませんが、運動がてら歩いて楽しむのもいいかもしれません。ここは本当に見どころです。

北の方から眺めていけば、本庄の「こだま千本桜」。小山川の両脇にソメイヨシノが約1,100本。これがなかなかの見ものです。JR児玉駅から徒歩で約20分です。

そして熊谷の「熊谷桜堤」。これもなかなかのものであります。荒川の土手沿いにソメイヨシノが約500本。日本さくらの会の「さくら名所100選」にも選ばれています。ここは意外に駅から近いんです。JR熊谷駅南口から徒歩5分のところにあります。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る