記事の詳細

去る12月4日(日曜日)、来年8月にロンドンで開催される第16回世界陸上競技選手権大会の男子マラソン代表選手選考競技会を兼ねた福岡国際マラソンが行われました。公務員ランナー、我らが川内優輝(かわうち ゆうき)さんは、2時間9分11秒で日本勢トップの3位になり、代表候補に名乗りを上げました。

久しぶりに川内さんのすごい走りを見ました。スタート前には、「今回は故障を抱え、十分な調整ができなかった。」という話を聞いておりましたが、結果的には好タイムで日本人1位、全体で3位というすばらしい成績を上げられました。

代表の枠は最大で3人。今回の福岡国際マラソン、来年2月の東京マラソン、同3月のびわ湖毎日マラソンのいずれかの大会で日本人1位となり、今年1月1日から選考会終了までに派遣設定記録の2時間7分以内をマークした選手が自動的に代表となります。これで枠が埋まらない場合には、3大会のいずれかで日本人3位までと、来年2月の別府大分毎日マラソンの日本人1位も選考対象になるそうです。

したがいまして、川内さんが代表選手になる可能性も出てきました。川内さんにとっても、この記録は過去の自身の記録の中で6番目であります。更に精進していただいて、次なる戦いに勝利していただきたいと思います。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る