記事の詳細

浦和レッズが「2016JリーグYBCルヴァンカップ」で13年ぶりの優勝を飾りました。ルヴァンカップはこれまでヤマザキナビスコカップという大会名称で開催され、名勝負が何度も繰り広げられました。この大会で13年ぶり2度目の優勝を勝ち取りました。

決勝戦では前半にガンバ大阪が先制したものの、後半に浦和レッズが同点ゴールを決め1対1のまま延長戦に突入。その延長戦でも勝負がつかず、最後はPK戦でゴールキーパーの西川周作(にしかわ しゅうさく)選手が一本止め、5人全員が成功した浦和レッズが勝利しました。

ここ2、3年レッズはいつも優勝争いをしていたのですが、日光の手前、イマイチ(今市)で終わっておりました。今回やっと突き抜けました。Jリーグの2ndステージも優勝していただき、年間チャンピオンにもなっていただきたい。必ずなれると心から思っています。

今後、浦和レッズにはこの突き抜けた力を思う存分に発揮していただきたい。このように思うのは私だけではないと思います。頑張れ浦和レッズ!We are REDS!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る